茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県営業戦略部販売流通課

茨城をたべようフォトライブラリー

2018.12.05|ニュース ライター:まるくま

茨城発!納豆スナック「パリントウ」

金砂郷食品の新商品 納豆スナック「パリントウ」(540円税込)1連に5つの小袋が付いている。

1袋のサイズは手のひらサイズ。バッグに入れておやつにも♪

こんにちは。いばたべ特派員のまるくまです。

茨城といえば「納豆」というイメージの方も多いと思います。
そんな「納豆の地・茨城」から、“新感覚”の納豆スナックが誕生しました。

その名も「パリントウ」。

どこが“新感覚”なのかというと、
まずは原料の納豆。
「パリントウ」の原料には、
糸引きとにおいの少ない納豆「豆乃香(まめのか)」が使われています。
この「豆乃香」を使うことにより、
ネバネバ感が少なく、あと味がさっぱりとしたスナックになっているんです。

サイズは小粒の納豆くらい。

そして最大の特長は、
「パリンッ!」とした食感です。

パリントウの販売元である金砂郷食品の齋藤さんによると、
フライ加工しているので独特の「パリンッ!」とした食感を生む。
さらに「真空フライ加工により、油の温度を低く抑えているので、スナックになっても納豆の栄養成分が残っている」のだとか。

つまり、「パリントウ」は、
美味しくて、体にやさしいスナックなんです。


味は、「うす塩味」と「わさび味」の2種類。

個人的には、ピリリとしたわさびの刺激と
納豆の風味が絶妙にマッチした
「わさび味」が好みです。
ビールに合うんですよ~♪


「パリントウ」は常陸太田市を中心に販売されています。
全国展開を目指しているそうなので、
納豆好きな方は、見つけたらぜひお試しくださいね♪

左が「わさび味」、右が「うす塩味」。

≪パリントウが買えるお店≫
・金砂郷食品納豆工房(茨城県常陸太田市高柿町1183-1)営業時間 10:00~17:00 定休日:月曜・火曜
店舗情報:https://www.sitogi.jp/links.htm

・道の駅ひたちおおた(茨城県常陸太田市下河合町1016番1)営業時間 9:00~18:00
店舗情報:https://www.ibaraki-shokusai.net/shops3.php?code=1420

・なごみ家(常陸太田市内飲食店・メニューにも使用)(茨城県常陸太田市馬場町85-1)

・道の駅ひたちおおみや(茨城県常陸大宮市岩崎717-1)営業時間 9:00~18:00
店舗情報:https://www.ibaraki-shokusai.net/shops3.php?code=1419

・道の駅いたこ(茨城県潮来市前川1326-1)営業時間 9:00~19:00
店舗情報:http://www.michinoeki-itako.jp/

・偕楽園売店 見晴亭(茨城県水戸市常磐町1-3-2)営業時間 9:00~17:00

・水戸駅エクセルみなみ内 茨城味撰倶楽部(茨城県水戸市宮町1丁目7-31)

・スーパーマーケット セイブ全店

・茨城空港内 スカイライトカフェ(茨城県小美玉市与沢1601-55) 

・ジョイフル本田ひたちなか内 ジョイマルシェ(茨城県ひたちなか市新光町34-1)営業時間 9:00~17:00

・ABAB赤札堂(東京上野近隣3店舗)

・東京交通会館マルシェ内 ほしいもの百貨(東京都千代田区有楽町2-10-1)

・大洗シーサイドステーション 大洗まいわい市場 (茨城県東茨城郡大洗町港中央11-2)

・セブンイレブン(3店舗)
日立鮎川町1丁目店、日立相田町店、東海駅西店

ライター:まるくま

茨城の“食”と“農林水産物”の魅力に魅せられること約10年。今日も県内のどこかで“いばらきのおいしいもの”を探しています。

>このライターの記事一覧

ニュース関連記事

最近の記事

TOP