RECIPE

いばらきの味 レシピ集

いばらきに伝わる美味しい料理や、いつか食べたことのある懐かしい料理から
おしゃれで美味しいおやつまで──とっておきのレシピを皆さんにお教えします。

レシピを見る
水戸京成ホテル 総料理長 野澤 康雄氏 監修のレシピ「常陸の輝き」のコルドンブルー 水菜のサラダ添え蓮根とパプリカのマリネ
食材紹介ページを見る
洋食

「海老とマッシュルームの白菜包み レモン風味のクリームソース」NEW

材料

  • (3人分)
  • 白菜(茨城県産) 3枚
  • 小海老 100g
  • マッシュルーム(茨城県産) 2個
  • 玉葱 30g
  • 片栗粉 小さじ2
  • 塩 小さじ1/5
  • 胡椒 適量
  • お湯(水500ccに対し塩小さじ2)
  • 生クリーム 180cc
  • レモン汁 1/2個分

作り方

白菜の葉を1枚ずつ塩ゆでにし、氷水にさらします。その後水気を切ります。
海老を包丁でたたいて、ミンチ状にします。
マッシュルーム、玉葱はそれぞれみじん切りにします。
2と3をボウルで合わせ、塩・こしょう・片栗粉を入れます。
1の白菜で4を包み爪楊枝で留めます。
白菜包みがしっかり収まる鍋に1のお湯を入れ10分間弱火で加熱します。
白菜包みを取り出し、器に盛ります。(この時余分な水分が出るので取り除きます。)
煮汁180㏄と生クリームを合わせ煮詰め、濃度が付いたら調味し、レモン汁を加え、白菜包み全体にかけます。

白菜の歯ごたえと、海老や野菜の食感が楽しめます!
白菜から出る旨味とコクのある生クリームで仕上げたソースは癖になる味わいです!
メインにも副菜にもなる万能な一品です。

水戸京成ホテル 総料理長 野澤 康雄氏 監修のレシピです。
茨城県と水戸京成ホテルと東部ガスコラボ料理教室で提供されました。
SDGsの一環として、地産地消を意識し、茨城県産農林水産物を多数取り入れたレシピになっています。

以下の2つのメニューとの組み合わせで1コースになります。
▽「常陸の輝き」のコルドンブルー 水菜のサラダ添え
https://www.ibaraki-shokusai.net/recipe/detail?id=15034

▽蓮根とパプリカのマリネ
https://www.ibaraki-shokusai.net/recipe/detail?id=15036

今、おすすめの記事

TOP