茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県営業戦略部販売流通課

2019.02.22|ニュース ライター:まるくま

「IBARAKI sense-イバラキセンス」に潜入!

外観は、ゴールドを基調とした高級感漂う佇まい。かっこいいですね。

外観は、ゴールドを基調とした高級感漂う佇まい。かっこいいですね。

こんにちは。
いばたべ特派員の“まるくま”です。

東京のド真ん中、銀座1丁目に
茨城県のアンテナショップがあることをご存じでしょうか?

今回は、2018年10月にリニューアルオープンした、
「IBARAKI sense-イバラキセンス」に潜入取材してきました!

茨城の風光明媚な景色に癒される

レストランの壁には、「筑波山」や「袋田の滝」のプロジェクションマッピングが映し出されています。

レストランの壁には、「筑波山」や「袋田の滝」のプロジェクションマッピングが映し出されています。

「イバラキセンス」は、
『目利きのセンスによって厳選された、
茨城のセンスある逸品により、
茨城のセンスを世界に発信する、
上質でセンスあるストア』
をコンセプトに造られた、
茨城県のアンテナショップです。

店内は、名産品販売エリア「SENCE SHOP」、レストラン「BARA dining」、
県産果物を使ったパフェが人気の「BARA cafe」の3つのエリアに分かれています。

店内全体が茨城県の地形や名産品の産地に合わせたデザインで、
レストランの壁には、なんと「筑波山」や「袋田の滝」の
プロジェクションマッピングが映し出されています。
銀座にいながら、茨城の風光明媚な景色に癒されます~。

★SHOP人気ランキング

スタッフが丁寧にコーヒーを淹れてくれます。

スタッフが丁寧にコーヒーを淹れてくれます。

茨城冬の特産品といえば「干し芋」!旬の冬季にはズラリと並びます。

茨城冬の特産品といえば「干し芋」!旬の冬季にはズラリと並びます。

カットせずに干した“丸干し芋”は茨城県民のソウルフードです。

カットせずに干した“丸干し芋”は茨城県民のソウルフードです。

コーヒーを丁寧に淹れる姿が印象的なイケメンスタッフに
「SENCE SHOP」の人気ランキングをお尋ねしたところ、2019年1月時の人気商品は以下の通りでした。


1位 丸干し芋「甘ころ」

2位 かりんとうまんじゅう

3位 西野さんの干し芋


国内シェア9割を誇る名産品「干し芋」は根強い人気ですね~!

「瑞穂農場」の牛乳を使用したソフトクリーム

茨城産”笠間”マロンとカシスのパフェ

茨城産”笠間”マロンとカシスのパフェ

そしてなんと言ってもオススメなのが、
「BARA cafe」のソフトクリーム!!

「瑞穂農場」の牛乳を使用した
コクのあるソフトクリームは、
優しい甘さの中に、コクがあるリッチな味わい。

特に、笠間の栗を使った「マロンソフト」は
ほっくりあじわい深く、オススメです!


レストラン「BARA dining」では、
「あんこう小鍋」や「ローズポーク」など
茨城の素晴らしい食材を使用した和食を楽しめます。

「BARA cafe」外観

「BARA cafe」外観

東京銀座にお越しの際には、
ぜひ「IBARAKI sense-イバラキセンス」にお立ち寄りください。



IBARAKI sense-イバラキセンス

ショップ・カフェ営業時間:10:30~20:00
レストラン営業時間:11:00~23:00(日・祝日は21:00)
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座1-2-1紺屋ビル1F
TEL:03-5524-0818
WEBSITE:https://ibaraki-sense.com/



※この情報は、2019年1月時点のものです。

ライター:まるくま

茨城の“食”と“農林水産物”の魅力に魅せられること約10年。今日も県内のどこかで“いばらきのおいしいもの”を探しています。

>このライターの記事一覧

ニュース関連記事

最近の記事

TOP