2018.12.11|ニュース ライター:コイケ

「茨城県産イチゴ」本格的に出荷スタート!

村田農園のいちご

銀座千疋屋や、超一流ホテルのパティシエが惚れ込む「村田農園のイチゴ」。艶やかな赤い色と張りのある美しい果肉、そして元気な濃緑色のへたがトレードマーク。

こんにちは!
いばたべ特派員のコイケです。

クリスマスシーズンを控えた12月、
「茨城県産イチゴ」の本格的な出荷が、
県内各地でスタートしました!
今回は、鉾田市でイチゴを生産している「村田農園」にうかがいました。

「11月の中旬ごろから出荷がスタートし、出荷のピークは3月・4月です。
11月から約半年間、『いばらキッス』、『とちおとめ』、『やよいひめ』などの様々なイチゴが食べられます。
多くのお店で茨城県産のイチゴが並ぶと思いますので、ぜひご賞味ください。
県内の直売所では、完熟のイチゴを販売しているところもあります。
この機会にぜひ茨城県にお越しください。」

と、語ってくれたのは、村田農園の代表 村田和寿さん。
今年も例年通りにイチゴが実り、皆様にお届けできるとおっしゃっていました。

「村田農園」代表 村田 和寿さん

「村田農園」代表 村田 和寿さん

今回うかがった「村田農園」がある鉾田市のイチゴの作付面積(2015)は、栃木県真岡市に次いで2位(農林水産省市町村別統計データ)です。

鉾田市のイチゴ生産者の皆さんは、昨年から「SSネット(ストロベリー、創造)」というネットワークを立ち上げ、鉾田市でイチゴ生産をしているメンバーを中心に仲間作りをしています。
SSネットは、『次の世代にどうつなげるか』を考え、次の世代がやりたい農業を目指しています。

「畑のラウンジ ハティハティ」イメージ

畑のラウンジ『Hati-Hati』

それから、村田農園ではイチゴの販売シーズンの間、カフェand直売所の【畑のラウンジ『Hati-Hati』(ハティ-ハティ)】をオープンしています。

【畑のラウンジ『Hati-Hati』】では、村田農園特製いちごシェイクや白いちごのシェイク、いちごの酵素サイダー、日替わりスムージー、SAZAコーヒーのホットコーヒー、アイスコーヒーを提供しています。

特に、村田農園のイチゴでつくった「いちごシェイク」が絶品なんです!

鉾田市においでの際には、
ぜひお立ち寄りください。

村田農園の「いちごシェイク」

村田農園の「いちごシェイク」

:::::::::::::::::::::
村田農園/畑のラウンジ『Hati-Hati』

住所 茨城県鉾田市子生796-14
営業時間 11:30~17:00
電話番号 0291-37-2345
HP:http://www.murataichigo.com/
:::::::::::::::::::::


茨城のいちごについて
▼いばらきの農林水産物 いちご
https://www.ibaraki-shokusai.net/brand/strawberry/

▼特集 いばらキッス
https://www.ibaraki-shokusai.net/season/tokusyu_ibarakissu.php

▼土は宝物、イチゴは私たちの家族。村田和寿さん(鉾田市)
https://www.ibaraki-shokusai.net/seisan/?id=698

ライター:コイケ

“美味しいもの“と“海“が大好き。現在2歳の女の子を育児中。

>このライターの記事一覧

ニュース関連記事

最近の記事

TOP