茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県営業戦略部販売流通課

茨城をたべようフォトライブラリー

2018.10.10|ニュース

かにたっぷりコロッケ、日本一!!

株式会社カジマ社長 梶間桂子さん(右)、営業開発部長の長女千萩(ちあき)さん(左)

グランプリ受賞「ずわいかにたっぷりコロッケ」

こんにちは!いばたべ特派員の“まるくま”です。

大洗町の水産加工会社「カジマ」の「ずわいかにたっぷりコロッケ」が、6月に開催された全国コロッケフェスティバルでグランプリを受賞しました。
同フェスは、ご当地コロッケによる地域おこしを目指す団体が各地から集まり、6回目の今年は約3万2千人が来場し、31団体が出展。来場者の投票で3位までの人気コロッケを決めます。

グランプリを受賞したコロッケは、一つひとつ手作りで「茨城県産ジャガイモ(時期により北海道産)」でたっぷりのロシア産等の「本ズワイガニ」を包んで衣をつけて揚げた商品。カニは本ズワイガニのみを使うことにこだわり、ジャガイモは牛乳でのばしてなめらかに仕上げています。
名前の通り、カニの分量は全体の1/3ほどあり、ひと口目からたっぷりのカニの存在が感じられます。
「旨みたっぷりのカニの味を味わって欲しい」と、カニの身が分散するクリームコロッケにはあえてせずに、ジャガイモでたっぷりのカニの存在感を包み込みました。味付けは塩・コショウのみ。ソースいらずで最後までカニの旨みを楽しめるコロッケです。

受賞式の様子

震災で壊れた倉庫を改装して2011年12月1日にオープン。今年の12月にはオープン7周年を記念した大々的なイベントを企画中とのこと。

同社は元々、主にカニの加工と冷凍食品の製造、卸売りが本業でしたが、2011年の東日本大震災の津波で工場が浸水するなど多大な損害を受けました。
復旧の際に周辺住民の助けや応援を受けたことで、梶間社長は自社で扱う商品を調理して惣菜やお弁当を売ることを思いつき、震災で壊れた倉庫を改装して同年12月に「惣菜かじま」をオープンしました。

当時は店舗と地元のイベントなどで「かにコロッケ」を販売していましたが、2016年に龍ケ崎市で開かれた同フェスで2位になったことで知名度を上げ、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」やフードイベント「まんパク」に出展するや瞬く間に長蛇の列ができる大人気商品となりました。

グランプリの受賞は茨城県内の団体としては初めてということで、梶間社長らは県庁を訪れ、大井川和彦知事に報告しました。

直営店では1個250円、イベント時には400円で販売しています。

今回の受賞を受けて、梶間社長は「賞をいただきたくて作ってきたわけではなく、自信を持ってお客さんに“美味しい”と言ってもらえる商品を作ろうと改良し続けてきました。それを評価してもらえたことは本当にうれしいし、励みになります。震災で大変なことの方が多かったけれど、かにコロッケは震災が無ければ生まれなかった商品。惣菜店を始めた当時のスタッフと共に『頑張ってきてよかったね』と喜んでいます」と話しました。
今後は、茨城県産の食材を使った商品の開発に力を入れるといい、生産量日本一の茨城の栗を使った栗コロッケ「栗コロ(仮)」も近日販売予定です。

コロッケは、現在大阪で開催中の「まんパク」に出展しているほか、10月14日に開催の「大洗ホッキまつり」にも登場します。


≪「ずわいかにたっぷりコロッケ」イベント出展予定≫
↓↓↓
■まんパク
〇日時:2018年10月13日(土)・14日(日)・15日(月)/20日(土)・21日(日)・22日(月)
〇場所:万博記念公園 東の広場(大阪府吹田市)
〇詳しくはコチラ↓
http://manpaku.jp/

■大洗ホッキまつり
〇日時:2018年10月14日(日) 9:00~14:00
〇場所:茨城県大洗町魚市場 ※雨天決行
〇詳しくはコチラ↓
http://www.town.oarai.lg.jp/~nousui/kurasi/info-3094-72_6.html

■大洗あんこう祭り
〇日時:11月18日(土)
〇場所:茨城県大洗マリンタワー前芝生広場

■全国コロッケフェスティバル2019
茨城県龍ケ崎市(仮)


***********************************************
惣菜かじま
住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町816-1
営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜
電話:029-267-2118
URL:http://www.kajima-crab.com/
***********************************************


ニュース関連記事

最近の記事

TOP