茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県営業戦略部販売流通課

茨城をたべようフォトライブラリー

2018.12.27|グルメ ライター:まるくま

総重量1kgの丼「とん丼 筑波山」に挑戦!

友部SA(サービスエリア)・下り

友部SA(下り)外観

高速道路「常磐自動車道」上にある「友部SA・下り」は、「常陸の里山」をテーマとして、茨城県の海の幸や山の幸を使用したメニューや特産品等を提供しています。スターバックスも併設しています。

こんにちは!いばたべ特派員の“まるくま”です。

今日は、茨城の高速道路「友部SA(サービスエリア)・下り」のフードコート内にある、「炙り焼 丼・どん」をご紹介します。

「炙り焼 丼・どん」

炙り焼 丼・どん

右手にある券売機で食券を購入。

「炙り焼 丼・どん」は、県内でも有数の豚肉の産地である行方市の豚肉を、その場で炙り焼きあげ、特製の甘辛ダレと絡めた「とん丼」が人気です。

全国丼グランプリで金賞受賞!「筑波山」

「筑波山」オブジェ

巨大な「とん丼 筑波山」のオブジェ。「実物とは異なる」と書いてありますが、、、(笑)

「とん丼」は、「ミニ(700円)」、「並(800円)」、「大盛り(950円)」がありますが、
なかでも豚肉が16枚乗った「筑波山(1700円)」が目玉商品。
こちらは、第2回全国丼グランプリ メガ盛り丼部門で「金賞」を受賞しているのです!
「実物とは異なります」と書いてあるものの、
カウンターでひときわ目を引く巨大オブジェにはたじろいでしまいますね。

第2回全国丼グランプリ「金賞受賞」の旗が掲げられています。

第2回全国丼グランプリ「金賞受賞」の旗が掲げられています。

特製ダレをつけながら、一枚一枚炙り焼きしてくれます。

特製ダレをつけながら、一枚一枚炙り焼きしてくれます。

意を決して、発券所で「筑波山」をポチっとオーダー。
豚肉は、オーダーが入ってから一枚一枚焼き上げられます。
ドキドキしながら待つことおよそ10分、
いよいよ「筑波山」とご対面です。

とん丼 筑波山

これが「とん丼 筑波山」!

オブジェと比べると小さい(ひと安心)ですが、
網焼きにした豚バラ肉16枚(320g)、白飯(610g)、キャベツの千切り(70g)が乗った総重量1kgの丼は、
まさに茨城の名峰「筑波山」を思わせるフォルム。
圧巻です。

とん丼 筑波山

真横から見るとこんな感じです。

豚肉の山からお肉を1枚、そしてご飯とキャベツを掘りながらいただいてみると、特製の甘辛ダレが絶妙な味付けでと~~~~っても美味しい!!

コッテリしているかと思いきや、豚肉の下に敷かれたキャベツの千切りがさっぱりしているので、パクパクどんどんいけます。豚も、バラ肉を使用とのことですが、甘みのあるさっぱりした脂で、行方市の良質な豚肉を使っていることがよくわかります。
本当に美味しいので、一人で全部行ける♪と思っていましたが、7割くらい食べたところでおなかのふくらみが大変なことになり、残念ながらギブアップ…。残りは友人が食べてくれました。

とん丼 筑波山

お味噌汁とおしんこも付いてきます♪

とん丼 並

こちらは「とん丼 並」。比べてみると大きさがかなり違います。

耳より情報として、「友部SA・下り」は、高速道路に乗らずに一般道からでも施設を利用できるんです!
これからの冬の行楽・帰省に茨城にお越しの際は、ぜひ「とん丼 筑波山」に挑戦して腹ごしらえをしてみてはいかがでしょうか。



■常磐自動車道 友部SA・下り
茨城県笠間市長兎路梶山久保1051-3

ライター:まるくま

茨城の“食”と“農林水産物”の魅力に魅せられること約10年。今日も県内のどこかで“いばらきのおいしいもの”を探しています。

>このライターの記事一覧

グルメ関連記事

最近の記事

TOP