茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県営業戦略部販売流通課

PICK UP / 茨城のうまいもの特集

いばらきの食に挑戦する人たち

女性農場長!職業としての農業伏見友季さん(土浦市 )

女性農場長!職業としての農業 伏見友季さん(土浦市
)

私の仕事は野菜作り

農業との出会い

農業との出会い

農業との出会い

農業との出会い

 伏見さんが育った環境には田畑はなく、都内のフラワーショップやクッキングスタジオに勤めていました。
 料理教室の講師をする中で、実際に育っているところも見たことがない野菜の説明をすることに違和感を覚え、次第に「野菜を作りたい」という気持ちが膨らみ、農業の道に進むことを決意したそうです。
 「両親・親戚も非農家で、どうやったら農業ができるのか全く見当がつきませんでした。農家の弟子になるにも、どのような農家があるかわからないし。農業生産法人に就職することも考えましたが、事務などの生産現場ではない部署で働くことになってしまうかもしれません。そこで、まずは農業の学校に入ることにしました。1年間かけて農業について広く学ぼうと思ったんです。有機農業をしたいというわけではなかったのですが、自分が農薬をまくことを考えた時に『それは違うな』と思い、水戸市の日本農業実践学園の専修科有機野菜部門で学ぶことを決めました。」
 在学中は、全寮制で畑作はもちろん、稲作、酪農、農産加工などあらゆることを体験し、さらに休日を利用していろいろな農家をを訪ね歩いたそうです。そして、茨城県農林振興公社が主催の「新農業人フェアinいばらき」で現在勤務している久松農園の久松達央氏と出会いました。
 伏見さんは、「久松さんの畑を見たときにドキッとした」と当時を振り返ります。「学校にいるときは、化成ビニールなどの農業資材も使わなかったので何となく抵抗を感じていましたが、しっかり人の手で管理された畑はキレイだと感じました。」この見学が伏見さんの心を動かし、久松農園で働くきっかけになりました。

スーパー農業サラリーウーマン

スーパー農業サラリーウーマン

スーパー農業サラリーウーマン

 現在伏見さんは、"女性の職業としての農業"の伝道師として講話したり、「(※)農業女子プロジェクト」の第1回推進会議メンバーに選ばれるなど多方面で活躍をしています。
 もちろん、本業は"農場長"。久松氏とミーティングを行い、春夏作と秋冬作の大まかな計画をしたあとは、伏見さんが月単位、週単位、日単位の作業計画に落とし込みます。畑のどの場所にどの品種をいつ植えるか、いつ除草するかなど、久松農園の作業全般を管理しています。
 「久松農園はガッチリと型が決まっていることも少なく、自分たちで変えたり、決めたりしていける面白さがあります。」
 そんな伏見さんも、農業をやろうと決めた時に、ひとつ不安になったことがあるそうです。それは、おしゃれじゃないイメージがあったこと。しかし、「農業は休みがなかったり、ださいイメージがあるけど、毎日お化粧をして好きな服を着て出勤できるのだとわかりました。もちろん、きちんと休日もありますよ。」と、楽しく働いていることを話してくれました。
(※)農業女子プロジェクト…農林水産省がたちあげた、女性農業者の持つ様々な知恵を食卓を超えて社会に届けるためのプロジェクト

得意なことを活かす

 伏見さんは、2011年の3月11日、埼玉県で農業研修をしているときに東日本大震災を体験しました。その日から数日間、首都圏の食糧パニックを目の当たりにしながら、自分がいるところでは食べることには困らなかったことで「農業って大切なことなんだ。」と改めて思ったそうです。
 久松農園では年に何回か、お客様を招いて"農場見学会"を行っています。伏見さんは、料理教室の講師をしていた経験を活かし、久松農園で育ったたくさんの種類の野菜を料理して振舞います。収穫したての野菜を使った、久松農園の野菜のフルコースは、野菜が持っている甘みや苦みが引き出され、「ゆきちゃん(伏見さん)の料理が食べたくて来たの。」という声もあがるほど。
 久松農園の野菜を使った加工品の開発にも携わっているそうで、「"得意"を活かして新しいことにチャレンジできる素晴らしい職場です。『やりたいことはやらせてあげたい』と、久松さんも言ってくれるので、がんばります!」と笑顔をみせてくれました。

販売時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

夢~さらなる挑戦~

 風のかおり、畑の色。季節を感じられる農業という仕事。『いずれ独立して農業経営を?』と聞かれることが多いですが、農業を志した時から、今も独立する気はありません。チームで働くことが好きだし、チームのほうがやれることが多いので、チームでしかできないことに挑戦していきたいです。それから、土づくりのことや、栽培技術など勉強することがたくさんあるので知識や技術の習得をしたり、研修生の指導方法を模索したり、日々の課題をクリアしていきます!「農業女子プロジェクト」もそうですが、間口を広げ職業のひとつとして農業があると多くの人が思えるように、自分のできることをしていきたいと思います。

インフォメーション
名称 久松農園
住所 茨城県土浦市
お問い合わせ Email: info@hisamatsufarm.com
WEBサイトURL http://hisamatsufarm.com/

今、おすすめの記事

TOP