初夏の風物詩 こだますいか

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県営業戦略部販売流通課

PICK UP / 茨城のうまいもの特集

旬のうまいもの特集

特集 こだますいか

初夏の風物詩こだますいか
こだますいかとは
こだますいか
 初夏の風物詩、「こだますいか」の旬は4月下旬~6月で、暑さを感じ始めるころに登場します。
 「こだますいか」は「大玉すいか」の小さいものではなく、品種改良の積み重ねとバイオ技術の導入のなかで生まれた、スイカの新しい品種です。糖度12~13度の高い糖度と皮の薄さが特徴で、皮の際までおいしく食べられることや、冷蔵庫に丸ごと入る手頃なサイズも人気の一因です。
 なお、メロンと異なり、収穫後に追熟することはしないため、完熟した状態で収穫されています。お買い求めになったら、すぐに冷蔵庫へ入れ、新鮮なうちに召し上がってください。

このページのトップへ

実はすごいいばらきのすいか

全国有数の産地
 茨城県では筑西市・桜川市周辺で多く生産され、産地としては約50年の歴史があります。冬季の夜温が低く日中の日照時間が長い、すいか栽培に適した同地域は、こだますいかの全国有数の産地です。  

糖度12度以上!とっても甘い!
 JA北つくば「こだま西瓜部会」に所属する生産者は約180名以上。その全員で栽培に関する情報共有や技術共有をすることでブランド力を高めています。
 畑の土壌検査を実施し、それぞれの畑の特徴に合わせた肥料設計を行い、有機質中心の肥料を使用しながら均一な栽培条件作りを作っています。また、出荷の前にJA担当者による試し割りを行って、食味・糖度の検査を畑ごとに行っています。この検査で糖度が12度以上など、一定の基準をクリアした商品だけがこの地域のオリジナルブランド「紅の誘惑」として市場に出荷されています。


メロン栽培

黒こだますいか
 見た目が真っ黒でインパクトのある「黒こだますいか」は「こだますいか」の品種の1つです。例年では7月上旬頃に出荷のピークを迎えます。珍しい品種で、全国的にも産地が少なく、その輝く外皮と鮮やかな果肉とのコントラストの美しさは高級感に溢れ贈り物にも喜ばれています。
黒こだますいか


このページのトップへ

すいかを食べて健康に

 すいかは美味しいだけでなく、栄養素の宝庫でもあります。食後のデザートやおやつに毎日200gを食べることで、様々な栄養素を取り入れることができます。

 美肌を損なう、活性酸素を除去!動物実験の結果、体脂肪燃焼効果があることもわかりました。すいかにはトマトよりリコピンが多く含まれています。

 βカロテンは体内で成人女性に不足しがちなビタミンAに変換され、新陳代謝を促し、肌の老化や白内障を予防する働きがあります。


 シトルリンには、血流を改善する効果があり、手足のむくみの改善が期待できます!すいかには多く含まれていますが、他の果実にはほとんど含まれない珍しい成分です。

 くすみやシミのもとになるメラニン色素の生成を抑える美白効果や、コラーゲン線維の合成にかわって皮膚の弾力性を保つ効果、しわの予防、保湿効果が期待できます。

 サイレントキラーと呼ばれる高血圧などの循環器疾患の予防に効果的です。また、カルシウムの骨への蓄積を高め、女性に多い骨粗しょう症予防効果も明らかになっています。

参考資料:スイカ倶楽部 http://suika-club.com/

このページのトップへ


こだますいかのおいしい食べ方
すいかとニンジンのジュース


すいか:200g
ニンジン:1/2本
レモン:適量


 すいかの種を取り除き3cm角に。ニンジンは皮をむき小さめに切る。 それぞれを材料をミキサーに入れてかく拌。最後にレモンを一絞りで完成!
すいかとグレープフルーツジュース


すいか:200g
グレープフルーツ:1個
ミント:3~4枚


 すいかの種を取り除き3cm角に、グレープフルーツは皮を向いて適当な大きさに切る。ミントの葉も一緒にミキサーにいれてかく拌する。最後にミントの葉を飾り付ければ完成!
すいかの皮で梅浅漬け


すいかの皮:お好みの量

梅干し:1個


 すいかの外側の硬い皮を厚めにむいて捨て、5㎜くらいの厚さにスライスし、食べやすい大きさに切る。梅干は包丁でたたいておき、一緒にビニールの袋に入れ、上から体重をかけて押してから、味がなじむまで冷やしたら完成!
すいかのシャーベット


すいか:お好みの量


 すいかの種をすべて取り除き1~1.5cm角に切る。その後、密封できる袋に平らに入れて冷凍室へ。冷凍後食べる2~5分前に冷凍庫から取り出す。そのまま食べてもよし!アイスに乗せるのもよし!お好みでお召し上がりください。

連絡先はこちら

JA北つくば

 住所:茨城県筑西市岡芹2222
 TEL:0296-25-6600
磯山さやかの旬刊茨城でも紹介されました
さしま茶

磯山さやかの旬刊いばらき!
「磯山さやかの旬刊!いばらき」では、今まさに旬を迎えるこだますいかを紹介します。
生産者とJA担当者が共助し合い、こだわり抜いて作られたこだますいかは、見た目もかわいく糖度もシャリ感も抜群。
磯山さやかさんがJAの北つくばこだま西瓜部会の生産者を訪ね、とれたてのこだますいかを味わいます。ぜひ、みなさんも皮の際まで甘~い、シャリシャリ感抜群のこだますいかを味わってみてください。
磯山さやか 動画紹介



TOP