茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県営業戦略部販売流通課

PICK UP / 茨城のうまいもの特集

旬のうまいもの特集

【特集】しっとりあま~い 熟成紅こがね

濃厚な味と香りのさしま茶

 南北に広がる半島状の地形と温暖な気候に恵まれ、県下でも多品目産地として有数の農業地帯である行方地区 。
 茨城県は、鹿児島県に次いで全国第2位を誇るさつまいもの生産県ですが、さつまいも産地として40年以上の歴史を持つJAなめ がたは、約700haが栽培される生産量・品質ともにトップクラスの産地で、年間を通じて高品質なさつまいもを安定して出荷するため の取り組みを進めています。

茨城県の養豚

 JAなめがたは、茨城県の南東部に位置する行方市にあります。 さつまいも畑が広がる行方台地は、霞ヶ浦 、北浦という2つの湖に挟まれた赤土の傾斜畑です。非常に水はけが良く、さつまいもの生育にとても適しており、古くからさつまいも の栽培が盛んです。
 また、10年以上前から、茨城県(農業総合センター、農業研究所、行方地域農業改良普及センター)と一緒に、焼き芋の『美味しさ 』について研究し、消費者の皆さんに喜んで食べてもらえる焼き芋を目指したさつまいもの産地づくりに挑戦しています。


 ①さつまいもは、焼き芋にする品種・時期によって、しっとり感と甘さが大きく変化すること。
 ②1年を通して安定して美味しい焼き芋ができる3品種(紅優甘、紅まさり、紅こがね)を選定すること。
 ③上手に貯蔵することで、よりしっとり・より甘く熟成すること。


このページのトップへ

茨城県の養豚

  さつまいもは、定温・定湿度状態で上手に貯蔵すると、熟成され、貯蔵前に比べて甘く、しっとりとした 食感になります。長期間定温貯蔵することで、鮮度を保ったまま、芋に含まれるデンプンが麦芽糖に変化する「糖化」という現象が進む ためです。
  糖化したさつまいもを焼き芋にすれば、しっとり甘く、冷めても焼き上がり直後のような美味しさが楽しめます。
 その美味しさは、はしりである6月から8月に出回る新芋よりも、貯蔵された芋の方が美味しいとさえ言われるほどなのです。
 JAなめがたでは、平成17年からキュアリング定温貯蔵庫を建設し、さつまいもを温度13℃、湿度90%以上の定温・定湿度状態で大切 に貯蔵しています。
 そして、平成24年から新たに6月から8月期の定温貯蔵芋を「熟成紅こがね」という商品名で出荷しています。

紅こがねの出荷

茨城県の養豚


キュアリング処理(※1)により貯蔵性を向上させ、さらに芋が最も消耗しにくい定温・定湿度条件(温度13℃・湿度90%以上)で貯蔵 することで、年間を通しておいしいさつまいもが出荷できます。


長期間貯蔵することで、芋に含まれるデンプンが糖に変化する「糖化」(※2)という現象が進み、甘さが増加してしっとりとした食感 に変化します。

キュアリング処理

とは?

農家が掘り取った芋を温度32℃・湿度90%以上の部屋で4日間保管することにより、芋の表皮下のコルク層を増加させ、貯蔵性を向上さ せます。
キュアリングの行程

キュアリング処理とは?

加熱により活性化するβ-アミラーゼという酵素がデンプンを「麦芽糖」に分化して甘みが増すことをいいます。さつまいもの甘さの多 くは麦芽糖によるものです。

このページのトップへ

 5月22日にオープンした「東京スカイツリー」内の商業施設「東京ソラマチ」の西ゾーン屋上に、都市型屋上農園「ソラマチファー ム(らぽっぽおいも畑)」が開園しました。 本農園では、JAなめがたと食品会社の共同企画による「おいも株オーナー制度」を実施 し、おいも畑の土、さつまいもの苗はJAなめがたのものが使用され、今後の栽培管理も同JAが行っていきます。
 5月12日にはオープンに先駆けて開園式が行われ、一般公募で選ばれたオーナーの皆さんが、苗植えを楽しみました。今後は、10月に 収穫祭などの各種体験イベントが行われる予定です。

http://www.shirohato.com/oimokabu2012/
東京スカイツリー

このページのトップへ

  皮の色つやがよく、表皮に傷や凸凹がなくなめらかでハリがあり、太くて紡錘形のものが良品です。端に 細いものや黒い斑点、傷があるものは避けましょう。また、ヒゲ根があるものは繊維が多いので避けましょう。切り口に蜜が出ていたり 、黒い蜜の跡があるものは、糖度が高い証拠です。

茨城県の養豚

 さつまいもは、各種ビタミンやミネラル類と食物繊維を豊富に含んでおり、高機能・低カロリーで美容にも 効果的な食物です。

茨城県の養豚

このページのトップへ

茨城県の養

豚

【調理のヒント】

benikogane

 皮をむいたさつまいもは空気に触れると黒く変色しやすいので、切ったらすぐに10分程度水にさらしてアクを 抜きましょう。アクは皮の下にあるので、むく場合は厚めに。
 さつまいもに含まれるβ-アミラーゼと呼ばれるでん粉分解酵素は70℃位で最もでん粉の糖化を進めるので、じっくりと煮たり、焼い たり、蒸したりして、時間をかけて加熱すると、電子レンジでの急激な加熱よりも甘味が出ます。一度調理して甘くなったものを温め直 すには、電子レンジが便利です。

【保存方法】

 最適貯蔵適温は13℃±2℃前後です。低温にとても弱いので、冷蔵庫には入れず、乾燥しないように新聞紙な どでくるんで常温で保存します。ポリ袋などに入れたまま放置すると、蒸れて腐敗の原因になるので、袋から出しましょう。切ったもの は傷みやすいので、ラップをして野菜室で保存します。
さつまいもの保存

【イオン下妻店】
 住所:茨城県下妻市堀籠972-1
 電話番号:0296-30-1700
【イオン水戸内原店】
 住所:茨城県水戸市中原町字西135
 電話番号:029-259-1400
【イオン土浦店】
 住所:茨城県土浦市上高津367
 電話番号:029-835-8000

TOP