「地域ブランドづくり」を目指して開発された新たな加工品

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県営業戦略部販売流通課

茨城をたべようフォトライブラリー

PICK UP / 茨城のうまいもの特集

旬のうまいもの特集

「地域ブランドづくり」を目指して開発された新たな加工品

「地域ブランドづくり」を目指して開発された新たな加工品

 「魅力ある地域ブランドづくり」を目指して、産地が一体となり、茨城が誇る水産物を使った新たな商品が開発されています。

1.ほっき出汁醤油の素

  • 「地域ブランドづくり」を目指して開発された新たな加工品 ほっき出汁醤油の素
  • 「地域ブランドづくり」を目指して開発された新たな加工品 ほっき出汁醤油の素

 地元大洗で漁獲された「鹿島灘産ももいろホッキ貝」を真空凍結乾燥(フリーズドライ)により、色あいをそのままに香り・味・栄養成分を凝縮し、乾燥昆布、干し椎茸などとともに瓶詰めにした出汁醤油の素です。お好みのお醤油を入れてご自宅の冷蔵庫で二週間ほど寝かせるだけで、風味豊かでまろやかな美味しい出汁醤油としてお楽しみいただけます。半分ほど減ったらお醤油を継ぎ足せば、繰り返しお使いいただけます。煮物や鍋物、丼物、冷奴、卵かけご飯、麺つゆなど、料理の味付けや食材の味を引き立てるアクセントとしてお楽しみください。

有限会社 こうじや
住所〒311-1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町3666-2
TEL029-267-5104
FAX029-267-5916
ホームページhttp://www.o-bento.co.jp

2.鯉の煮こごり詰合せ

  • 「地域ブランドづくり」を目指して開発された新たな加工品 鯉の煮こごり詰合せ
  • 「地域ブランドづくり」を目指して開発された新たな加工品 鯉の煮こごり詰合せ

 古来より疲労回復や美容など様々な効果が期待され、食用・薬用として珍重されてきた『鯉』の出汁を見た目も美しくゼリー状に固めた煮こごりです。生産量日本一を誇る霞ヶ浦北浦で丹精込めて育てた養殖『鯉』のうま味を凝縮した出汁に「鯉のうま煮」、「鯉の真子(卵)・白子の塩煮」、「鯰の蒲焼き」の3種の具材を封じ込め、詰合せにした滋味・珍味をご堪能いただける逸品です。そのままでも美味しくいただけますが、冷奴やそうめんなどにトッピングしていただくと栄養豊富なコクとうま味が広がります。いろいろな食べ方でお楽しみください。

コモリ食品
住所〒311-2115 茨城県鉾田市中居330
TEL0291-39-3241
FAX0291-39-6622
ホームページhttp://www.komori-koi.jp

3.わかさぎのコンフィ

  • 「地域ブランドづくり」を目指して開発された新たな加工品 わかさぎのコンフィ
  • 「地域ブランドづくり」を目指して開発された新たな加工品 わかさぎのコンフィ

 生産者自らが霞ヶ浦で漁獲した鮮度抜群の『わかさぎ』を、素材本来の食感と風味を保ちつつオリーブオイルでゆっくりと煮込み、プレーン・燻製・ペペロンチーノの3種の風味に仕上げた一品です。手作業で一尾ずつ丁寧に瓶詰をしています。そのままお皿に盛りつければ、おつまみなどとして美味しくいただけますが、パスタの具材やバゲットのトッピングなど、いろいろな食べ方でお楽しみいただけます。

株式会社 安部
住所〒300-0213 茨城県かすみがうら市牛渡2716-13
TEL029-898-2664
FAX029-898-2328
ホームページhttp://www.abeno-tukudani.com/

4.わかさぎのエスカベッシュ

  • 「地域ブランドづくり」を目指して開発された新たな加工品 わかさぎのエスカベッシュ
  • 「地域ブランドづくり」を目指して開発された新たな加工品 わかさぎのエスカベッシュ

 徹底して鮮度管理された霞ヶ浦産の新鮮な『寒曳きわかさぎ』を油で揚げて、ワイン・ビネガー・香味野菜をベースにした漬け汁にじっくり漬け込んだ地中海風の南蛮漬けです。フランス・リヨン在住の本場フレンチレストランのシェフとのコラボレーションにより開発され、わかさぎのうま味と風味を引き出し、骨まで食べられるやわらかな食感に仕上げました。また使用する野菜も地元産にこだわってつくられています。日持ちが良く、そのまま簡単にお召し上がりいただけます。爽やかな酸味がワインなどの洋酒と相性抜群です。

小松屋食品株式会社
住所〒300-0036 茨城県土浦市大和町5-3
TEL0120-24-0373
FAX029-822-8075
ホームページhttp://www.5028.jp/

※この情報は2019年2月時点のものです。

今、おすすめの記事

TOP