PICK UP/ 茨城のうまいもの特集

いばらきの食に挑戦する人たち

JA新ひたち野 蓮根部会玉里支部西村 哲也さん(小美玉市)

JA新ひたち野 蓮根部会玉里支部 西村 哲也さん(小美玉市)

他産地との差別化を図り、ブランド確立へ!

JA新ひたち野 蓮根部会玉里支部

大型ハウス内のれんこん大型ハウス内のれんこん

れんこんを傷つけないよう「水掘り」で収穫するれんこんを傷つけないよう「水掘り」で収穫する

 茨城県は、日本一のれんこんの産地です。茨城のれんこんは、やわらかな肉質、ほんのりとした甘み、そして肌がきめ細かく見た目が美しいのも特長です。
 近年は大型ハウスの普及や品種改良が進み、1年を通して品質の高いれんこんを栽培できる体制が整っています。
 茨城のれんこん生産者は、収穫に「水掘り」を採用し、水圧でまわりの土を落とし、れんこんを浮かび上がらせてれんこんを傷つけないよう細心の注意を払っています。

 JA新ひたち野 蓮根部会玉里支部は、小美玉市(旧玉里地区)で1972年に設立された部会で、特に大型ハウスでのれんこんの周年出荷を確立させており、その規模は全国でも有数です。これらの取り組みとれんこんの品質が評価され、平成6年から茨城県銘柄産地※に指定されています。
 2022年現在の部会員はおよそ50名。部会員全員が有機質肥料を使用し、減化学肥料・減農薬に取り組む農家に与えられる「エコファーマー認証」を取得しています。さらに、安全・安心の見える化(記録管理等)を行うため、JGAP※2 団体認証取得に向けて尽力しています。

※茨城県銘柄産地指定制度…高品質で信頼性・安全性が市場で高く評価され、多様化するニーズに対応できる、県を代表する青果物産地を育成・指定する制度
※2 JGAP…実践的な農業生産工程管理への取り組み。JGAP認証は、日本で農業を営む農家・団体がJGAPの規範に沿って運営し一定の要件を満たしていることを申請し、証明されると認証が受けられる制度

良好な関係が良いれんこんを作る!

目揃え会の様子目揃え会の様子

 同部会の部会長(2022年9月時点)を務める西村さんは、元はサラリーマンでしたが、れんこん農家を始めた母や、れんこんの優良系統“パワー”を作った父の姿を見て継ぐことを決意し、2011年1月に就農しました。
 「部会では、横の情報交換を密に行っていて、自分たちの課題に対して何ができるかを常に皆で考えています。私もまだ10年足らずの新参者ですが、困った時は先輩方に聞けば親身になって教えてくれます。良いと思った情報はすぐに広がる。地域全体で『良いれんこんを作りたい』という一心で協力し合っているので、この良好な関係が良いれんこん作りに繋がっていると思います」
 部会では毎週「目揃え会」を開催し、検査員が部会員のれんこんを検査。高品質なれんこん作りに寄与しています。

「赤渋れんこん(仮)」で他産地との差別化を図る!

これが赤渋(アカシブ)これが赤渋(アカシブ)

 スーパー等でれんこんの表皮に赤錆色の汚れのようなものがついたれんこんを見かけたことはないでしょうか。この汚れのようなものは赤渋(アカシブ)と呼ばれ、赤渋がついたれんこんは鮮度の良い証なのだそうです。
 「田んぼの泥の中のれんこんは、葉茎を通じて呼吸をして、取り込んだ酸素を表皮から放出します。その過程で、酸化鉄の赤錆色が表皮につきます。多くが見た目の良さを要求されるため、市場出荷用のれんこんは掘り上げる数日前に水中で茎を苅り、酸素を取り込めない状態にして渋抜きをしています。つまり、赤渋は、収穫の直前まで呼吸していた証で、鮮度抜群なのです」
 同部会ではこれまで、一部の取引先の要望で少量の「赤渋れんこん(仮)」を出荷していましたが、あえてこれをブランド化していこうという動きが始まりました。
 「赤渋れんこん(仮)」をいただいてみると、シャキシャキした食感がとても良く、トウモロコシのような甘さに驚きました。

販売時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

JA新ひたち野 蓮根部会玉里支部 西村哲也さん

夢~さらなる挑戦~

 西村さんに、今後の展望をお伺いしました。
 「赤渋れんこん(仮)や、JGAP団体認証への取り組みは、他産地との差別化を図り、販路拡大に繋げていくために行っています。赤渋れんこん(仮)は、生産者の立場からすると、茎を苅る作業が無くなるので仕事を効率化できますし、消費者にとっては鮮度の良いれんこんを食べられるので、良いことずくめだと思うんです。JGAP団体認証も、取得できれば茨城県内で初の農協が取得する団体認証になるので、少しでも他産地との違いを出せればと。これらを複合して地域のブランドにしたい。ブランド化が難しいことは承知していますが、赤渋れんこん(仮)のニーズがあり、生産者のやる気もあり、農協や茨城県のバックアップが重なった今こそ、頑張り時だと思っています」

買えるお店
大地のめぐみ
住所:茨城県石岡市南台3丁目21-14
TEL:0299-56-5806
FAX:0299-56-5807
産地直売所みのり
住所:茨城県小美玉市部室1151-7
TEL:0299-48-1307
FAX:0299-48-3520
ポケットファームどきどき 茨城町店
住所:茨城県東茨城郡茨城町下土師高山1945
TEL:029-240-7777
FAX:029-292-8700
インフォメーション
名称 JA新ひたち野 蓮根部会玉里支部
住所 茨城県石岡市三村6905-1
お問い合わせ TEL:0299-56-3100
FAX:0299-26-8568
WEBサイトURL http://www.shin-hitachino.com/
その他の情報 ※このページの情報は、2022年10月時点のものです。

今、おすすめの記事

TOP