RECIPE

いばらきの味 レシピ集

いばらきに伝わる美味しい料理や、いつか食べたことのある懐かしい料理から
おしゃれで美味しいおやつまで──とっておきのレシピを皆さんにお教えします。

レシピを見る
その他

「いばらきガパオ」

材料

  • (2人分)
  • 鶏胸肉 160g
  • れんこん 80g
  • ピーマン 1/2個(20g)
  • 赤ピーマン1/2個(20g)
  • 玉ねぎ 1/4個(50g)
  • にんにく  1/4かけ(1g)
  • 青唐辛子 1/2本
  • しらす 大さじ1(8g)
  • 干し納豆 20粒
  • 大葉 4枚
  • 油 大さじ2
  • 塩 適量
  • れんこんチップ 6枚
  • 卵 2個
  • 油 適量
  • ご飯 400g
  • 【 調味料 】
  • 醤油 25ml
  • 酒 5ml
  • 砂糖 3g
  • みそ 5g
  • ※しらすはシラウオやちりめんじゃこでも代用可
  • ※干し納豆はひたひたの水に一晩漬けて戻したもの。
  •  納豆でも代用可
  • ※れんこんチップはスライスして水かぬるま湯にさらし、油で揚げる
  • ※調味料は事前にすべて混ぜ合わせておく

作り方

鶏胸肉は細切りにし、塩を軽くもみ込んでおく。
れんこんは皮付きで細切りにする。
玉ねぎ、青唐辛子、にんにくをみじん切りに、ピーマンと赤ピーマンを一口大に切る。
大葉は粗みじん切りにする。
熱したフライパンに油を引き、にんにく、玉ねぎ、青唐辛子、しらすを炒める。
れんこんを加え、強火でさらに炒めて火が通ったら、鶏胸肉を加え炒める。
鶏胸肉の色が変わったら、干し納豆、ピーマン、赤ピーマンを加えさっと炒める。
4に調味料を加えて全体に大きく混ぜ合わせ、汁けが残る程度に煮詰める。
大葉を加え混ぜ、すぐ火を止める。
別のフライパンに多めの油を熱し、卵を入れて目玉焼きを作る。
※フライドエッグの要領で、油をかけながら焼く
皿に温かいご飯を盛り、ガパオ、目玉焼きを盛り付け、れんこんチップを飾る。

■いばらきガパオのポイント
・茨城県産のれんこんを使用すること
・赤ピーマンはパプリカを代わりに使用してもOK!
・調理は終始強火で。ご飯に盛り付けた時にしみる程度に汁けを残す。
・干し納豆の使用は推奨ですが、必須ではありません。
納豆を代わりに使用してもOK!

■茨城県の取り組み『「食」をテーマとした観光振興事業』について
2020年度より茨城県では、観光目的となるような「飲食店」と「名物料理」の選定、「おみやげ」の開発などに取り組んでいます。食を観光要素として強く打ち出し、新たな観光誘客と、観光消費の獲得を目指しています。その一環として、茨城県の新名物料理のレシピを多数の料理ブロガーから募集し、グランプリに輝いた「茨城ガパオライス」のレシピをCONVEYの横田渉シェフに磨き上げて頂きました。

今、おすすめの記事

TOP