茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県営業戦略部販売流通課

いばらき イチゴよくある質問

  • いばらき イチゴよくある質問 いちごについて
  • いばらき イチゴよくある質問 いちごの選び方・食べ方について
  • いばらき イチゴよくある質問 いちごの買い方について
  • いばらき イチゴよくある質問 その他

いちごについて

  • 茨城県ではどんな品種が栽培されていますか。

    県オリジナル品種のいばらキッス、ひたち姫をはじめ、とちおとめ、紅ほっぺ、章姫(あきひめ)、やよいひめなど、様々な種類が栽培され、主に12月から3月にかけて収穫されています。

  • 茨城県のいちご生産量は全国で何位ですか。

    茨城県のいちご生産量は、全国第7位(H28年産)の産地となっています。
    県内では、鉾田市、行方市、筑西市などを中心に、県内全域で栽培されており、各地域では市場出荷や直売が行われるほか、摘み取り体験もできるいちご園がたくさんあります。

  • 茨城県はどうしていちご栽培が盛んなのですか。

    茨城県は、県土に占める耕地面積が全国第1位で、肥沃な大地に恵まれています。また、冬の長い日照時間や昼夜のほど良い寒暖差、さらには栽培ハウス内の温度調整がしやすい穏やかな気候を有するなど、美味しく甘いいちごが育つ環境が揃っています。

  • 県オリジナル品種の「いばらキッス」、「ひたち姫」ってどんないちごですか。

    いばらキッス」は、「とちおとめ」を母親に、「ひたち1号」を父親として交配した系統から選抜育成され、平成24年12月に品種登録されました。開発にあたっては、8年という長い歳月をかけ、「いばらキッス」と同じ親を持つ約300系統、その他の組合せから1万以上の系統が生まれ、それらについてすべて育成し、選抜しました。
    「いばらキッス」の最大の魅力は、糖度が高く、酸味とのバランスも良く食味が濃厚なことです。さらに、適度な硬さを持ち、ジューシーな食感も優れた特長です。

    ひたち姫」は、「とちおとめ」を母親に、収量性に優れ甘さに特徴がある「章姫」を父親として交配が行われ、平成17年に品種登録されました。数多くの交配の中から、収量性、果実品質の優れる1系統が選抜され、さらに現地適応性試験での優良性が認められ品種登録となりました。
    「ひたち姫」の特長は、糖度が高く、酸味が少なく、果形は大きく長めで形状が整っていることです。果実は「とちおとめ」より軟らかく、サクサクとした食感です。

  • その他に産地が取り組むオリジナルブランドはありますか。

    例えば、平成15年に商標登録された、JA常陸のオリジナルブランド「バインベリー」があります。鮮度を維持させるために、美しいつる(バイン)の付いた状態で出荷するのが大きな特徴です。完熟の状態で収穫するため、豊かな甘みと香り、果汁が口いっぱいに広がります。

いちごの選び方・食べ方について

  • おいしいいちごを選ぶポイントは何ですか。

    みずみずしくて光沢があり、へたが鮮やかな緑色のものを選ぶとよいでしょう。さらに、ツブツブが立っているものが収穫からあまり日が経っておらず新鮮な証拠だと言われています。

  • いちごの食べ頃や美味しい食べ方は。

    いちごは傷みやすく、メロンなどと違いほとんど追熟しないので、購入後は、新鮮なうちに早めに食べるようにしましょう。

  • いちごはどの部分が一番甘いのですか。

    いちごは、先端から先に成熟していくので、先端部分のほうが甘い傾向にあります。
    そのため、ヘタを取ってヘタ側から食べると、一番甘い部分が最後に味わえます。

  • いちごの保存方法はどうすればいいですか。

    あまり日持ちしないので、購入後は早めに食べましょう。パックの中に傷んだものがあれば、取り出してからラップで包んだり、ビニール袋に入れたりして冷蔵庫に保存しましょう。洗ったりへたをとったりすると傷みやすくなるので、食べる直前に洗うようにしましょう。
    冷凍する場合は、いちごをよく洗い、ヘタや傷んだ部分を取り除き、よく水気を拭き取って冷凍用保存袋や密閉容器に入れて冷凍保存します。

  • 茨城県ではいちごを使った美味しいスイーツはありますか。

いちごの買い方について

  • 茨城県産のいちごはどこで買えますか。
  • 県オリジナル品種の「いばらキッス」はどこで買えますか。
  • 県内の直売所でいちごの配送や代引きなどは対応していますか。
  • 茨城県内で、いちご狩りができるところはありますか。

    茨城県はたくさんの観光農園がある果物王国です。なかでも人気のいちご狩りは、県内の各地域で楽しむことができます。

その他

  • 毎月6日は「メロンの日」のように、「いちごの日」はあるのでしょうか。

    1月15日は「いちごの日」です。全国いちご消費拡大協議会が、「1(いち)」「5(ご)」の語呂合せから定めました。
    茨城県では、いちごの最盛期である1月から3月上旬にかけて、関係団体と連携し、「おいしさ弾ける『いばらき苺』キャンペーン」と題した県内外でのPRを実施しています。

今、おすすめの記事

TOP