茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県農林水産部販売流通課

PICK UP / 茨城のうまいもの特集

茨城のうまいもの特集

特集 いばらキッス

いばらきのオリジナルイチゴ「いばらキッス」
茨城県のオリジナル品種 いばらキッス

 「いばらキッス」は、平成24年12月に品種登録されたイチゴの茨城県オリジナル品種です。
 果肉がしっかりとした「とちおとめ」を母親に、甘くて大きい「レッドパール」と、酸味が少なく柔らかな「章姫」の掛け合わせを父親に交配して誕生しました。
 開発にあたっては8年という長い歳月をかけ、1万種以上の交配の組合せの中から、研究員がひとつひとつ色や形、おいしさなどを判定し、選抜する作業を繰り返しました。
 「いばらキッス」の最大の特長は、糖度が高く、酸味とのバランスも良く、食味が濃厚なところです。さらに、適度な硬さを持ち、ジューシーな食感も特長です。形はやや長めで、皮は濃い赤色で光沢があります。
 県内のスーパー、直売所、茨城マルシェなどで販売しています。見かけたときにはぜひお試しください。

このページのトップへ

茨城県のイチゴ生産

 茨城県のイチゴは、栽培面積266ha(全国7位)、出荷量8,310t(全国8位)、産出額78億円(平成25年農林水産省統計)で、茨城県の主要な園芸作物のひとつです。
 鉾田市、行方市、筑西市などを中心に、県内全域で栽培されており、各地域では市場出荷から直売、摘み取りも積極的に実施しています。

このページのトップへ

販売している直売所・摘み取り園の情報

 

 

そのほかの情報はこちら ⇒ 観光いばらきいちご摘み取り情報


このページのトップへ

豆知識!いちごをおいしく食べよう!
イチゴを洗ったら、水分をしっかり取る!

 イチゴにたくさんの水分が付いたままだと、口の中で味が薄まってしまいます。しっかり水を切ってお召し上がりください。(洗ったイチゴをキッチンペーパーなどのうえに並べて水分を吸い取るとベストです!)

ヘタの側から食べる!

ヘタを取ってこちらから!  イチゴは先端が最も甘いので、食べるときはヘタ側から食べると、最後までおいしく食べられます!!

食べ残してしまったときは

 ジャムやコンポートにしてもおいしいですが、そのまま冷凍するとお手軽に冷凍イチゴが楽しめます。少し傷んでしまったイチゴなどは、潰して砂糖をお好みで加え、ヨーグルトに混ぜて凍らせると、ストロベリーヨーグルトのシャーベットが簡単にできあがり♪

このページのトップへ

『磯山さやかの旬刊!いばらき』いばらキッス編
 今回の「磯山さやかの旬刊!いばらき」では、磯山さやかさんが茨城のブランドいちご「いばらキッス」を紹介します。
 いばらキッスの魅力は、なんといってもその形!きれいな円すい形のため、パティシエの鎧塚さんのお店でも使われています。
 また、とちおとめと同じくらい甘い上に酸味が少ないため、お子さんや女性にもおすすめ!
 いばらキッスは、銀座にある茨城県のアンテナショップ「茨城マルシェ」でも販売中です。
 食べたらハマる「いばらキッス」、一度味わってみませんか?

【番組概要】 テレビ朝日
毎週金曜日「若大将のゆうゆう散歩」内
10時25分頃から

動画紹介

このページのトップへ

TOP