茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県営業戦略部販売流通課

PICK UP / 茨城のうまいもの特集

旬のうまいもの特集

特集 ベジロール・スイートポテト・ハニーベリー

テストキッチン
 茨城県では、首都圏で活躍する情報発信力のあるシェフや店舗経営者等に、
品質の良いこだわりの農林水産物を積極的にPRし、
県産食材を実際にご使用いただくことで、"茨城の農林水産物に対する
消費者のイメージアップ"を図ってまいりました。
 この度、都内の野菜スイーツ専門店「パティスリーポタジエ」のオーナーパティシエである柿沢安耶さんに県産食材を使ったロールケーキを開発・製造いただき、全国のこだわりの食を紹介している㈱食文化が運営するサイト(うまいもんドットコム、dantyuドットコム)において、期間限定販売されています。
(11月30日まで)
 茨城県は、ブルーベリーの栽培面積が長野、群馬に次いで全国で3位(平成20年産)を誇っています。
 なかでも、かすみがうら市は、ブルーベリーや栗、なしの産地として広く知られています。霞ヶ浦近くの平地は気候がとても穏やかで、このような農作物の栽培には非常に恵まれた環境です。
 6.35ヘクタールという広大な土地で化学合成農薬を使用せずにブルーベリーを育てている坂農苑。ここで採れる132種類のブルーベリーの中には、農苑オリジナルの品種もあります。
 坂農苑では、ブルーベリーの摘みとりだけでなく、さまざまな加工品の販売も行っています。そのラインナップはジャム、ジュース、お茶、アイスクリーム、リキュールなど多岐にわたり、現在も新たな商品が開発されています。加工品の製造についてはそれぞれ専門の業者に任せ、ブルーベリーのおいしさを最大限に活かした商品を生み出しています。
 ブルーベリーの賞味期限は常温で1~2日ですが、冷凍であれば2年ほど保存可能です。たくさんの可能性を秘めたブルーベリーを、1年を通じてお楽しみいただけます。
 斉藤公雄さん(写真手前中央)を中心として、自然本来のミネラル豊かな農産物をつくるために、ミネラルを含む有機肥料や酵素を独自に開発。それを使って栽培した食用米の米粉を使用しています。
 2002年、藤原養蜂場の藤原誠太さんは、皇居の膨大な緑と、その周辺に植えられている蜜源となるユリノキに着目し、永田町のビルの屋上を借りて養蜂を開始しました。自由に飛び交うミツバチたちが、ユリノキの他に、菜の花、みかん、きんかん、ソメイヨシノの蜜を集めてきます。
 藤原さんが皇居周辺のビルの屋上で蜂蜜を採るという大胆な発想で、永田町のビルの屋上ではじめた養蜂が、今では銀座のみならず、東京都内数か所で養蜂をプロジェクトとして立ち上げる団体が増え、屋上養蜂があちこちで行われています。この動きはみるみる日本全国に広まり、茨城でも銀座ミツバチプロジェクトの協力を得て、みつばちの里づくりが進行しています。
柿沢安耶さん
<パティスリー ポタジエ>
「おいしいだけでなく、食べた人が健康になれる」
をコンセプトに、安心安全な素材にこだわった
野菜スイーツを提供しています。
住所:東京都目黒区上目黒2-44-9
TEL:03-6279-7753
FAX:03-6279-7754
Webサイト:http://www.potager.co.jp/
営業時間:10:00 - 20:00(L.O. 19:30)
定休日:年中無休 
イートインスペース:20席  ※予約不可

「日本の素材で、十分においしいスイーツがつくれます。今回のブルーベリーも、味に表情がありますよね」と、「パティスリーポタジエ」オーナーシェフの柿沢安耶さん。
 茨城県の坂農苑で栽培されたブルーベリーには、豊かな風味があると言います。
 一般的にスイーツには、輸入食材が多く使われます。しかし、「日本の農業を応援したい」という柿沢さんは、ほとんどが国産の、しかも化学合成農薬や化学肥料を使わない素材で菓子を作ります。
 今回のスポンジ生地には(有)アグリクリエイトのコシヒカリの米粉、坂農苑のブルーベリー、かすみがうら市産のさつまいも(ベニアズマ)を贅沢に使用しています。さつまいもは焼いて香りを出すなど野菜スイーツの達人ならではの技が光ります。
 おいしいコシヒカリの米粉を使った生地、ブルーベリーのクリーム、さつまいも、そして皇居のはちみつ。これらが一つに丸まって、素敵なスイーツになりました。食べていると、身も心も軽くなっていくような、優しい味わいのロールケーキです。

※本文については、「うまいもんどころドットコム」より抜粋しています。

使用食材
うまいもんドットコム dancyuドットコム
販売期間:11月2日(水)~30日(水)
販売価格:1,500円(税込)  ※送料別
規格:長さ約17㎝
販売個数(予定):500個
使用食材:皇居周辺のはちみつ((株)銀座ミツバチ)、ブルーベリー(かすみがうら市)、さつまいも(かすみがうら市)、米粉(稲敷市)
その他:茨城県アンテナショップ「黄門マルシェ~いばらき農園~」(東京・銀座)併設のラウンジにおいて期間限定(11月18日~27日)で、ケーキセットの提供を予定しています。
http://www.ibarakishop.com/
旬刊いばらき 黄門マルシェ
磯山さやか
「磯山さやかの旬刊!いばらき」では、東京・銀座にある茨城県のアンテナショップ『黄門マルシェ』を紹介します。
磯山さやかさんが、開店して4ヶ月を迎えた『黄門マルシェ』を訪ねます。
「チョコ納豆」や「干し芋」など茨城の特産品を紹介するとともに、「いばらきの地酒」を試飲し、そのおいしさを語ります。
さらに、期間限定で味わえる、皇居周辺で採れたはちみつと茨城の食材を使用したスイーツも堪能。
皆さんも、是非、東京銀座の『黄門マルシェ』に遊びに来てください。

TOP