茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県農林水産部販売流通課

PICK UP / 茨城のうまいもの特集

いばらきの食に挑戦する人たち

ただシンプルに、おいしい野菜を作りたい原田悠士さん、紋子さん(水戸市 )

ただシンプルに、おいしい野菜を作りたい 原田悠士さん、紋子さん(水戸市
)

地味でも、長く愛されるものを

しづはら農園

原田悠士さん、紋子さん

しづはら農園の畑

 茨城県水戸市にある「しづはら農園」は、原田悠士さん・紋子さん、ご夫婦が営む有機栽培の農園です。
お二人の出会いは約10年ほど前。当時、山梨県の農業法人グループに在籍していた悠士さんと、美大で絵画科を専攻していたという紋子さん。同農業法人が開催した『農業×アート』のイベントを通じて知り合い、東京で生まれ育った紋子さんは、このイベントをきっかけに農業に心惹かれていったそうです。
 「イベントで生まれて初めて農業を体験しました。そのイベントには3年ほど参加しましたが、こういう道もあるんだ、と新たな発見がありました。」と紋子さんは語ります。
 当時独立を考えていた悠士さんと「一緒にやりたい」と決意した紋子さん。ここから二人の挑戦が始まります。

茨城を選んだ理由

しづはら農園の畑

しづはら農園の畑

 二人は、自分たちの理想とする土地を探し求め、長野、神奈川、千葉、栃木、京都へと足を伸ばし、最終的に辿り着いたのが茨城県でした。鯉淵学園農業栄養専門学校の教諭・涌井さんとの縁で、二人で水戸に移り住みます。鯉淵学園の自活研修生として畑を管理しながら、野菜づくりの知識や技術の更なる向上のため、県内の様々な有機農家の元に出向いては勉強したそうです。
 「茨城は、平地で災害が少なく、首都圏が近いことが魅力でした。気候がよくて、土質も“黒ボク土”という何でも作れる良質な土です。」特に、土質は重要という悠士さん。目ぼしを付けた土地には幾度となく足を運び、特に雨の日の水はけの具合などは慎重に確認したそうです。こうして、水戸市内に農地を見つけ、2010年3月に、紋子さんの旧姓である鎭目(しずめ)と、悠士さんの姓・原田(はらだ)から取って「しづはら農園」が誕生しました。

食べて確かめる

原田悠士さん

原田紋子さん

 しづはら農園では、滋味にあふれた「味の濃い野菜」を目指しています。栽培方法は有機農法を採用し、栽培期間中、農薬は使っていません。しかし、人間がやれることは限られていると悠士さんはいいます。
 「緑肥や、2~3年寝かせたもみがらを使用して土づくりを行っています。もちろん土づくりは大切ですが、その土地のもともとの土質であったり、気候であったりをよく理解して、栽培していくことが一番大事だと思っています。」
 日照時間や生育中の気温など、作物ごとに味の乗るポイントが異なるため、味が最大限に引き出されている収穫のタイミングを見極めることが大事だそうです。畑にいる悠士さんは、野菜を手に取っては見て、食べて、考えています。最終的にはその味を確かめ、成熟具合などを見極めて収穫のタイミングを決めるそうです。

おいしい野菜が「食べたい」、「作りたい」を共有

しづはら農園の野菜 ニンジン

しづはら農園の野菜 サトイモ

 しづはら農園では現在、およそ70品目の野菜を作っています。にんじんで5種類、大根はなんと10種類にも及びます。少量多品目の生産なので市場出荷はせず、お客への野菜セットの宅配をメインに、市内の八百屋や日立市の生協への出荷、そして数軒の契約飲食店などへと売られています。野菜セットの中には、素材の味を生かしたシンプルなレシピと保存方法が書かれた紋子さん手作りのリーフレットが入ります。
 「お客様には、ちゃんと自分たちが納得したものをお届けしたいんです。『いい買い物をした』って思ってもらいたいし、『いい買い物がしたい』と思っている人に選び続けてもらいたい。」
 最近では、原田夫妻と同年代のお客様も増えてきたそうで、「シンプルに、おいしい野菜が食べたい、作りたい」という思いをを共有できることがとても嬉しいといいます。

販売時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

原田悠士さん、紋子さん

夢~さらなる挑戦~

 原田夫妻は、毎年新しい品種や栽培方法に挑戦し続けています。
 紋子さんは、「野菜作りは奥深い世界で、まだまだ勉強することもあります。野菜は新鮮だと味が違うし、少量多品目は作るおもしろみがたくさん隠れています。日常にある『おいしい』の意識を大切にしている人が喜んでくれるような野菜を作りたいですね。」と語ります。
 悠士さんも、「有機農家の先輩方がやってきたことを自分なりに咀嚼し新しい取組を始めたとしても、本質を変えなければ、わかってくれる人はいると信じています。おいしい野菜を食べたい、作りたいというお互いに共通している想いを大事にしたい。地味でも、長く愛されるものを作りたいです。」と語ってくれました。

しづはら農園の野菜を買えるお店
うさぎ家(週1回販売) 
住所:茨城県水戸市元吉田町1112−3
TEL:029-246-9061
パルシステム茨城 金沢店
住所:日立市金沢町5-9-1
TEL:0294-34-3917
FAX:0294-36-6023
インフォメーション
名称 しづはら農園
住所 茨城県水戸市五平町
WEBサイトURL http://shizuharafarm.com/
アクセス ・見学等は受け付けておりません。ご連絡なしのご訪問は固くお断り申し上げます。
その他の情報 この情報は2015年11月時点のものです。

今、おすすめの記事

TOP