茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県農林水産部販売流通課

PICK UP / 茨城のうまいもの特集

いばらきの食に挑戦する人たち

みずほの村市場創設者長谷川久夫さん(つくば市)

みずほの村市場創設者 長谷川久夫さん(つくば市)

生産者を経営者に!
農業を産業に!

生産者を経営者に!

生産者を経営者に!

生産者を経営者に!

生産者を経営者に!

 農産物直売所みずほの村市場の創設者である長谷川久夫さんは、農業者の自己責任と自己主張の場を作りたいとの思いから、当直売所を設立しました。
 長谷川さんはつくば市出身。農家の家で生まれ育ち、20代の頃家業を継いで就農しました。しかし一年でこのままではダメだと思ったそうです。というのも、
 「農家は自分の作った農産物に、自分で価格がつけられない。やる気はあっても農業だけでは食べていけない。このままでは日本の農業は駄目になってしまう。農家が考える力を失っていたんです。だから、自分で作った農産物に自らが生産コストを考えて、値段を付けられる直売所を作ろうと思った。」と長谷川さん。やる気のある農家を集め、店頭に並べる農産物の条件として、「本当においしいもの」、「品質の良い物」そして「情報開示」を徹底しました。そんな長谷川さんの思いは、県内外も含めたくさんのお客様に支持され、年間25万人の来客数を誇る全国有数の直売所として現在も邁進しています。

自己主張と自己責任

自己主張と自己責任

自己主張と自己責任

 農作物を作る為にかかったコストを考え、生産者自身で値段を付ける「みずほ」の生産者の収入は、一般の農家よりはるかに高く、みずほによる平均販売額は一人あたり700万円を越えています。
 長谷川さんは言います。「農業経営者は、自分で価格を決め、ルールのある場で競争するんです。作った農産物に対して適正な価格を付けると、社会的責任が生まれます。社会的責任とは、おいしさであり、品質。そんな責任感が、農家の意識を上げるのです。私は、生産者一人一人に自立して欲しい。安さを追求すると生産者自身の首を絞めることは生産者が一番分かっているはずです。農産物の価格を適正化して、生産者は経営者にならなければ、農家はいなくなります。農家がいなくなって一番困るのは消費者の皆さんです。日本全体の高齢化が進んでいるのに、農家ばかりが後継者がいないなんて言われているのは、農家が今まで経営を行ってこなかったから。みずほの生産者はみんな若いですよ。それは、きちんと経営ができれば、農家も人並み以上に収入が得られることが分かっているからです。」自分で作ったものに、自分で値段が付けられない今までの農業からの脱却。そして、"農業経営者"を一人でも多く輩出する為に、長谷川さんは新規就農者の育成にも力を注いでいます。

すべては信頼から成り立つ

 みずほの村市場は農産物直売所としては日本で初めて、団体単位で「JGAP」を取得しました。それはすなわち、みずほの生産者全員が「JGAP」を取得しているということ。安全や環境に配慮しているかなどの厳しい100以上の管理点をクリアしなければならない「JGAP」認証は、生産者にとって簡単なことではありません。
 長谷川さん「作る方も、買う方も、信頼関係で成り立っているんです。おいしさはもちろん、今は安全性を求めてやってくるお客様も多い。相手に信頼されるということは、自分がやるべきことをやって初めて成り立つんです。食べ物が余っている現代において、その中から選んで買うのは、信頼があるからです。みずほは、価格より品質重視。情報も開示する。選ぶのはお客様。選択は自由です。」毎日の健康の源である農産物、選ぶ側も選ばれる側にも責任があると長谷川さんは語ります。
JGAPとは…日本GAP協会によるGAP(Good Agricultural Practice 農業生産工程管理)認証。食の安全や環境保全に取り組む農場、生産者団体を協会が認定した第三者機関が審査・認定しています。
JGAP協会のサイトはこちら⇒http://jgap.jp/

頻繁におこなわれるイベント

 長谷川さんが「みずほは生産者と消費者の出会いの場」とおっしゃっているように、みずほの村市場内の農作物はほとんど試食ができ、生産者の情報が書かれたポップがあります。また、実際に生産者との交流会や農業体験、動物や土や花に触れ合う体験イベントを非常に大切な行事として、季節ごとに開催しています。イベントは月に一度のペースで開催されているので、店頭やホームページで、ぜひチェックしてみてください。

販売時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

夢~さらなる挑戦~

 農業者を経営者に!と、叫び、その実現に向けて「みずほの村市場」を創設した長谷川さん。創業から20年以上経った現在でも、その想いは一貫して変わりません。
 「みずほ創業当時の県内の直売所の数から比べると、現在はその何十倍にもなっている。直売所を建てても、その中で安売りの価格競争をしていては、直売所が農家をつぶすことにもなりかねない。直売所とは、利益は考えず、農業経営者を育成する場所だ。私は、一人でも多くの生産者を経営者にするのが夢。」と語る長谷川さん。みずほの生産者以外にも、長谷川さんの夢に同調する若者は多く、平成24年、生産者11名と共に長谷川さんは新たな会社を創りました。消費者の健康を願い、生産者を想う長谷川さんの夢は、今後の日本の食を担う生産者達と共に躍進し続けるでしょう。

インフォメーション
名称 農産物直売所 みずほの村市場 
住所 つくば市柳橋496
お問い合わせ TEL:029-856-1090
WEBサイトURL http://www.mizuhonomuraichiba.com/

今、おすすめの記事

TOP