茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県農林水産部販売流通課

PICK UP / 茨城のうまいもの特集

いばらきの食に挑戦する人たち

おいしいニラを作る!東ヶ崎茂喜さん(小美玉市 )

おいしいニラを作る! 東ヶ崎茂喜さん(小美玉市
)

土にこだわり
味を追求するニラ作り

辿り着いたニラ作り

東ヶ崎茂喜さん

東ヶ崎茂喜さんとニラ

 さまざまな料理で個性のある役割を果たすにら。茨城県内でにらの生産量が最も多いのが小美玉市です。
 そんな小美玉市の、JA美野里にら生産部会の副部会長を務める東ヶ崎茂喜さんが、ニラ作りを始めたのはおよそ20年ほど前。それまでは、加工品の原料であるじゃがいもやトマトを作っていたそうです。
 「ニラ作りは父が始めました。それまではポテトチップスやジュース等加工品の原料を作っていたので、直接食べた方達の声を聞けることはなく、正直やりがいはありませんでした。」旬の時期しか収入のない加工品の原料作りに危機感を抱き、周年作れる作物を探した結果、ニラ作りに辿り着いたといいます。

第一に土作り

ニラ

土づくり

 東ヶ崎さんの作るニラは、肉厚で非常に甘みが強く、緑色が濃いニラです。そんなにらを作るには、まず第一に自然な環境で作る土が大切だと言います。
 東ヶ崎さんが以前ドイツの農場に視察に行った時のこと。
 「ドイツのとある農場では、一年間作物を作ったら、その畑で翌年の一年間は牧草を作るんです。牧草を作ることによって土に多種類の微生物が増え、次に作物を作る時に素晴らしい土ができている。効率重視だった日本の農業に比べ、自然な状態で土を作り、その土壌に作物を作ってもらう、という事がとても自然なことに思えました。何よりそんな土からできた作物は美味しいんですよ。」
 それから東ヶ崎さんは、微生物を増やし、健康な土を作ることに重点を置いているそうです。

寒さがにらを甘くする

ニラ

ニラ

 ニラは品種を変えて周年収穫が可能ですが、旬は日本中が一番冷え込む12月~2月頃。冬の寒さは、ニラを最もおいしくする環境なのだそうです。
 「冬は、ニラを極限まで寒さに当てることでグッと糖度が増します。この時期のニラは肉厚で本当に甘い。おいしいですよ。」
と東ヶ崎さん。更に、寒さに当てながら絶妙なタイミングでたい肥をやることも、美味しいニラ作りにはかかせないそうです。

販売時期
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

東ヶ崎茂喜さん

夢~さらなる挑戦~

 東ヶ崎さんが副部会長を務める「JA美野里にら生産部会」のにらは、「美野里緑王」という名でブランド化を図り、都内の有名百貨店などでも販売されています。
 「おいしいニラを作ると、評価していただけるし、自然とお客様もついてきてくれます。こんなに嬉しいことはありません。」と語る東ヶ崎さんに、今後の夢をお聞きしました。
 「『また食べたい』と言ってもらえるようなおいしいニラを作っていきたいです。そのためにも、おいしさの追求を続けていきます。」

買えるお店
イオン
住所:茨城県内全店舗
らでぃっしゅぼーや
おいしっくす
インフォメーション
名称 JA新ひたち野美野里営農経済センター
住所 茨城県茨城県小美玉市部室1164-9
お問い合わせ TEL:0299-48-1691
WEBサイトURL http://www.shin-hitachino.com/

今、おすすめの記事

TOP