茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県農林水産部販売流通課

PICK UP / 茨城のうまいもの特集

旬のうまいもの特集

秋を彩る芳醇な味わい 恵水

秋を彩る芳醇な味わい 恵水

秋を彩る芳醇な味わい「恵水

恵水は、茨城県オリジナル品種の梨です。
糖度が高く、酸味が少ないため、食べたときにとても甘く感じられます。
収穫時期は9月上旬~下旬ごろ。秋の深まりとともに味にコクがのり最盛期を迎えます。同時期の品種に比べ、大玉で食べごたえがあり、梨独特のシャリシャリした食感とさわやかな風味も魅力です。
平成28年度には約1.5トンが市場出荷され、少しずつ数を増やしていけるよう、県内の生産者が努力を重ねています。

恵水のここがすごい!

恵水のここがすごい!とっても甘い

とっても甘い

糖度は平均でなんと13度以上!酸味が少ないので甘みが強く感じられます。

恵水のここがすごい!大玉でたっぷりの果汁

大玉でたっぷりの果汁

恵水はもともと大玉の梨ですが、茨城県では生産者と一丸となって厳しい出荷基準を定め、出荷しています。

恵水開発秘話

茨城県は全国第2位の梨産地。ですが、他の産地に比べて知名度が低いことが悩みとなっていました。
そこで、おいしいオリジナル品種を作ってPRしよう!という思いから、茨城県農業総合センターの研究者や技術者がその技術力を結集し、品種開発に取組んで17年、「新雪」と「筑水」という品種をかけあわせて、約4,300個体の中から選りすぐり、誕生したのが恵水です。
以来、高品質な果実を作るために生産者と一体になって栽培試験などを繰り返し、恵水は平成23年に品種登録されました。
平成25年からは県内の生産者に恵水の苗木が導入され、現在では350名以上の生産者が、早くおいしい果実がなるようにと、大切に育てています。

おいしい恵水を作るために

おいしい梨を作るためには、果実がなっていない時期でも、樹の手入れが欠かせません。

  • おいしい恵水を作るために ①土づくり【11~2月頃】①土づくり
    【11~2月頃】
    堆肥や肥料をあげ、梨の根がのびのびと成長できる土をつくります。
  • おいしい恵水を作るために ②剪定(せんてい)【12~3月頃】②剪定(せんてい)
    【12~3月頃】
    樹全体に日光がよく当たり、栄養が効率よく行き渡るよう、芽が出る前に余分な枝を切り落とします。
  • おいしい恵水を作るために ③授粉【4月頃】③授粉
    【4月頃】
    4月になると、白くて美しい花が咲きます。たくさんの果実がなるよう、生産者は一花ずつ丁寧に授粉を行います。
  • おいしい恵水を作るために ④摘果(てきか)【5~6月頃】④摘果(てきか)
    【5~6月頃】
    花のもとが膨らんで、果実ができると、より大きくて甘い果実ができるよう、余分な果実、形の悪い果実は落とします。
  • おいしい恵水を作るために ⑤目揃え(めぞろえ)【8月頃】⑤目揃え(めぞろえ)
    【8月頃】
    収穫まであと少し。味、食感ともに最高の状態で収穫するため、生産者が集まり、その年の収穫に適した果実の色や形などを確認します。
  • おいしい恵水を作るために ⑥収穫【9月頃】⑥収穫
    【9月頃】
    いよいよ収穫です。目揃えで決めた色や形を、カラーチャートなどで確認しながら収穫します。
  • おいしい恵水を作るために ⑦出荷【9月頃】⑦出荷
    【9月頃】
    収穫した恵水は、さらに各JAによる厳しい選果を受け、それを通過したものだけが、専用の出荷箱に入れられ、卸売市場を通じて皆さんの元へ出荷されるのです。

こだわり

下妻市、石岡市における光センサーによる糖度選別

下妻市のJA常総ひかりでは、平成28年7月より下妻第一共同選果場に、糖度などの内部品質を1秒間に3個の速さで見分ける"光センサー" を導入しました。梨の選果に光センサーが使われるのは県内初で、甘さ、品質がそろった梨を出荷することで、市場からの信用度が高まることが期待されます。

  • 下妻市、石岡市における光センサーによる糖度選別
  • 下妻市、石岡市における光センサーによる糖度選別

下妻市における貯蔵庫

「寒い季節に暖かい部屋で食べる梨」。その夢を叶えてくれたのがJA常総ひかり下妻市果樹組合連合会が保有する貯蔵庫。定温、定湿度で梨を貯蔵することができる為、寒い冬でもみずみずしい梨をいただくことができます。
珍しい時期の梨に消費者からは「お歳暮に利用する」「こたつで食べるとまた一味違う」と人気を集めています。

  • 下妻市における貯蔵庫
  • 下妻市における貯蔵庫

海外にも進出

「恵水」は国内だけでなく、海外にも輸出されています。
貯蔵性が高く、東南アジア等への船便輸送にも耐えられることや、芳醇な香りが海外のバイヤー等からも高く評価され、平成27年度から、JA常総ひかりの「恵水」がタイで試験販売され、現地でたいへん好評を得ています。

  • 海外にも進出

今、おすすめの記事

TOP