茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県農林水産部販売流通課

PRESENT / プレゼントキャンペーン

第32回茨城を食べよう連動プレゼント企画 高安園の【古内茶の新茶】

高安園の【古内茶(ふるうちちゃ)の新茶】
3名様にプレゼント!

応募期間2016.05.12-05.22
古内茶(ふるうちちゃ)とは
 城里町の西部から東部を横断するように流れる藤井川。この清流に沿うように古内地区には、あおあおと茶畑が広がっています。1390年頃から栽培が始まった古内茶は城里町が誇る特産品のひとつで、奥久慈茶・さしま茶と並んで茨城三大銘茶に数えられています。
 かつて、水戸黄門の名で知られる徳川光圀公が古内茶の味に感嘆し、詩を詠まれたという話が残っており、光圀公はこのお茶を「初音」という名で呼ぶことをすすめたそうです。
 その当時は、清音寺というお寺の境内だけで栽培するきまりがありましたが、「多くの人にこのおいしいお茶を飲んでもらった方が良い」という光圀公のすすめで、古内地区一帯で広く栽培されるようになり、地域の特産物となりました。
 光圀公が命名した「初音」の母木は今でも寺の境内に残っています。
高安園
 高安園は、古内地区で茶の生産・販売を行うお店です。
 高安園の古内茶は、皇室にも献上されたお茶で、濃い緑色と甘くまろやかな味わいが特徴です。
 遮光ネットで日光を遮断し、茶葉がやわらかく綺麗な緑色になるようにするなど栽培面での工夫のほか、様々な蒸し加減の茶葉をブレンドして「高安園の味」を作るそうです。
 高安園に訪れると、まず美味しいお茶と、手作りの季節感あふれるお茶請けが振舞われます。このおもてなしの心と店頭に立つ園主の奥様の明るい人柄に魅かれ、多くのお客様がやってきます。
お茶づくりへのこだわり
一、土づくり
 高安園の茶畑の土は、主にお茶専用の肥料と、油粕(あぶらかす)などの有機肥料を使って作られます。畑ごとの環境に合わせ、肥料の量や成分をその都度工夫しています。
二、除草剤不使用
草取りを手で行い、除草剤は使用しません。
三、対面販売
 高安園のお茶は、店頭と市内の直売所でのみ販売し、通販などは行っていません。
対面販売を行うことでお客様の生の声を聞き、お客様の要望にあわせたお茶をおすすめしています。
買えるお店
高安園
住所:茨城県東茨城郡城里町下古内314-1
TEL:029-288-4801
Aコープかつら
住所:茨城県東茨城郡城里町阿波山2737
TEL:029-289-2880
ホロルの湯 物産センター
住所:茨城県東茨城郡城里町下古内1829-3
TEL:029-288-7775
■今回のプレゼント内容
商品名:高安園の【古内茶(ふるうちちゃ)の新茶】 2種セット
当選者数:3名
応募期間:2016年05月12日~2016年05月22日
提供元:茨城県
■応募方法
お申し込みはいたって簡単!
下記のメールフォームにメールアドレスとお名前(ニックネーム可)、お住まいの地域をいれて送信ボタンを押して送信するだけです! なお、プレゼントを申し込まれた方には、茨城県販売流通課から、うまいもの情報満載のメールマガジンをお届けいたします。
※メールマガジンを希望されない方は、申込時にチェックボックスからチェックを外してください。
■当選の発表及び当選した後の流れ
めでたく当選された方には、当サイトから、当選メールをお送りします。
商品の発送先などを明記の上ご返送ください。
返送を確認しだい、速やかに発送させていただきます。
今回のプレゼントは終了しました。次回プレゼントはこちら
■第240回プレゼント 【常陸牛ハンバーグ】への応募は05月15日まで!こちらからどうぞ
>【常陸牛ハンバーグ】
今までのプレゼント内容はこちら!

今、おすすめの記事

TOP