茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県農林水産部販売流通課

新着・イベント情報

福島第一原子力発電所事故に伴う県内農産物への影響について(第2報)(2011/03/20)

 昨日(19日)発表した野菜の調査結果の他に分析機関に依頼しておりました一部の野菜について,本日20日に結果が出ましたので,ご報告いたします。


 北茨城市の露地栽培のホウレンソウでは,規制値を上回っておりますが,露地栽培のキャベツとネギは規制値を下回っております。
 また,神栖市のハウス栽培のピーマン,八千代町の露地栽培(トンネル※)のレタスについては,未洗浄でも規制値を下回っておりますので安全です。


 以上のことから
 (1)昨日から引き続き、市町村、農業協同組合に対し、安全が確認されるまでホウレンソウの出荷・販売の自粛をお願いしています。

 (2)一方、北茨城市の露地栽培のキャベツとネギ、神栖市のハウス栽培のピーマン、八千代町の露地栽培(トンネル)のレタスについては、安全ですのでご安心ください。

 

  ※トンネル

   ハウス栽培のような構築物ではなく、畝(うね)毎に小さなビニールテントをつくって、

   その中で作物を栽培するもの。

   主にレタス、ホウレンソウ、ハクサイ、チンゲンサイ、コマツナなど比較的背丈の低い

   野菜などに用いられている。


 

  ■分析結果(ホウレンソウ等) PDF:43KB

  →http://www.pref.ibaraki.jp/important/20110311eq/20110320_12/files/20110320_12a.pdf

 

TOP