茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県農林水産部販売流通課

新着・イベント情報

福島第一原子力発電所事故に伴う県内農産物への影響について(2011/03/19)

 福島第一原子力発電所事故に伴い県内農産物の安全確認を行うため,18日にサンプルをとって分析を行ったところ,本日,19日に結果が出ましたので,ご報告いたします。

 

 その中で,ホウレンソウ(露地もの)については,放射性ヨウ素が厚生労働省の暫定規制値2千Bq(ベクレル)/kgを超える値が検出されました。
 2千Bq(ベクレル)/kgという規制値は,この値のホウレンソウを毎日15g食べ続けたとしても,直ちに健康に影響が出るレベルにはならないよう,十分余裕をもって設定された基準です。
 例えば,今回の調査結果で,最大1万5千Bq(ベクレル)/kgのホウレンソウがありましたが,これは仮に1年間,日本人の年平均摂取量で摂取し続けた場合でもCTスキャンによる被ばく線量の約1/5程度であり,健康に影響があるものではございません。

 

 また,この時期の茨城県のホウレンソウはハウス栽培が主体であり,露地ものはあまり出回っていない状況にあります。
 しかしながら,念のため,この結果を受け,市町村及び農業協同組合に対し,安全が確認されるまでホウレンソウの出荷・販売の自粛をお願いしたところです。

 

 なお,ネギについても同じ地点で調査しておりますが,規制値を上回るものはありませんでした。

 

 今後,ホウレンソウ以外の野菜についても調査地点を増やして調査を行い,市場には安全が確認されたものしか出荷されないようにしてまいりますので,ご安心ください。

 

 ■分析結果(データは全て露地野菜)3月18日採取分

 → http://www.pref.ibaraki.jp/important/20110311eq/20110319_17/files/20110319_17b.pdf
 

TOP