茨城をたべよう いばらき食と農のポータルサイト

【安全で高品質な茨城の食をご紹介】
茨城県農林水産部販売流通課

PICK UP / 茨城のうまいもの特集

取材班が行く食いしん坊の旅

第34回 笠間市のちょっとおしゃれなシニア達が働くカフェの巻

取材班が行く食いしん坊の旅

グランパとグランマのお店

 笠間稲荷神社、笠間焼など、県内有数の観光地である笠間市。市内にある『笠間民芸の里』の一角に、「グランパとグランマのお店」はあります。
 『NPO法人グラウンドワーク笠間』の活動の一環として設立された「グランパとグランマのお店」のスタッフは、平均年齢67歳。まだまだ元気な笠間市のちょっとおしゃれなシニア達が働くカフェです。


地産地消!

 カフェのこだわりはズバリ"地産地消"。地元の生産者が作った良質な野菜や肉を使用しています。なかでもおすすめは、栗の大産地であることから開発された、栗を食べた豚、マロンポーク(栗ぶた)を使用したトンカツとメンチのセット。マロンポークは脂がさっぱりとして、肉質が柔らかく、ほんのり甘いのが特徴。そんなマロンポークの味が凝縮された「メンチ」は特に絶品です。
 また、地元野菜がたっぷりとのった「サラダうどん」もおすすめ。 手作りのごまダレがシャキシャキの新鮮野菜とうどんによく絡み、コクがあってこれまた絶品。タレなども手作りをして「料理にはなるべく化学調味料を使用しない」という心遣いもうれしいですね。


笠間のご当地グルメ「いなり寿司セット」

いなり寿司セット

 笠間市には、笠間のご当地グルメである「笠間いなり寿司」を通して街おこしを行う『笠間いなり寿司いな吉会』があります。「グランパとグランマのお店」もこの会に所属しているため、メニューにいなり寿司セットがあります。また定番で通年人気なのがカレーセット。そしてお年寄りには懐かしく、若い人達には新しいすいとんもあります。どちらも笠間産の野菜がふんだんに入っています。


取材班の一言メモ

 「グランパとグランマのお店」で料理の器として使用されているのは、もちろん笠間焼。店内は飲食スペースの他にギャラリースペースもあり、笠間焼や手芸品、笠間市で採れた新鮮野菜や加工品の販売も行っています。笠間のものが食べられ、笠間のお土産も購入できるありがたいお店です。
 笠間観光でランチの際には、まだまだ元気な笠間市のシニア達が作るこだわりの料理をぜひご賞味ください。


グランパとグランマのお店の店舗情報

住所 茨城県笠間市笠間2247-1 笠間民芸の里 2号棟41番
営業時間 11:00~16:00
定休日 月曜、火曜 (水曜~日曜営業)
ご連絡先
TEL: 0296-85-4328  
店舗紹介ページ 茨城をたべようサイト"グランパとグランマのお店"のページ
ホームページ グランパとグランマのお店ホームページ
駐車場 100台(笠間民芸の森共同)
最寄り交通機関 北関東自動車道「友部I.C」から国道355号線経由で約10分
常磐自動車道「岩間I.C」から国道355号線経由で約20分
常磐自動車道「水戸I.C」から国道50号線経由で約30分

今、おすすめの記事

TOP